| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag : 

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鎌ヶ谷アルトギルド『My Journey to the West』


(写真は過去公演より)

会場:アトリエ春風舎

原作:中島敦「悟浄歎異」他
構成・演出:石井幸一

出演:鈴木正孝、小助川玲凪 他

照明デザイン:染谷和彦
音響:武者輝
美術:前島謙一
衣装:伊藤祥子

開演時間:
10/15日(火)19:30〜
10/16日(水)19:30〜
10/17日(木)19:30〜
10/18日(金)15:00〜
10/19日(土)13:00〜
10/20日(日)13:00〜
10/21日(月)17:00〜

料金:
前売 2,000円 当日 2,500円

上演時間(予定):70分

プロフィール:
千葉県鎌ケ谷市の梨農園とその直売所を作品製作の拠点としている劇団。2002年12月末日、東京農業大学の地下で結成され、横溝正史の小説を舞台化するところから活動を始める。
瞬きするのを忘れるほどの「目の前の出来事」その創造を目指し、古典から近現代まで様々な戯曲、小説に意欲的に取り組む。重厚な美術と俳優の肉体が躍動する舞台は多くの好評を得ている。

作品紹介:
流沙河の河底に悟浄という妖怪がいた。
彼は「自我とは何か?」といった疑問を抱かずにはいられない病に罹っていた。答えを求める旅で賢人たちの様々な「解答」の中から悟浄が見つけた「答え」とは? 後に、三蔵法師、悟空、八戒と共に、天竺への旅をする悟浄。三種三様の生き方を彼は見て、悟浄はまた考える。自我とは何かということを、悟浄の目を通し共に考え受け止める作品である。

お問い合わせ・ご予約:
http://www.1tokukai.org/
090-6124-9308
info@1tokukai.org

[english]--------------------

KAMAGAYA Art Guild
"My Journey to the West"

The original novel is “GOJHO TANNI”and short novels Written by Atsushi Nakajima

Venue : atelier Shumpusha

Director & Script configuration : Koichi Ishii
Cast : KAMAGAYA Art Guild etc.
Stage director & stage art : Kenichi Maejima
Lighting : Kazuhiko Someya
Sound design : Akira Musha
Costume : Shoko Ito
Produced by KAMAGAYA Art Guild

Prices : advance ¥2,000 (day +¥500)

Duration : about 70 min

Introduction :
In the riverbed of Ryusa River was a specter named Gojoh. He became ill in a way, which inspired him to ask himself questions such as "What is the self?"
Gojoh found answers from a variety of sages while searching for his own answer. Later, Xuanzang, Goku, together with Hakkai, and Gojoh travel to India. He looks at the life of three different species. This work asks the audience to consider the notion of ‘self’ as perceived through the eyes of Gojoh.

About company :
This theater company was formed in secret in the last day of 2002 at the Tokyo University of Agriculture in order to stage Seishi Yokomizo’s novel.
Our work is described as hard&heavy. Both the stage design and the actors’ bodies metamorphose. We are exploring deep into the body and the soul of man placed in a dramatic situation. We want to create a ‘reality’ that is so intense that the audience forgets to blink their eyes.
スポンサーサイト

Tag : 

| 上演プログラム | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山縣美礼『残跡/ユダヤ人種の妻』Shreds and Traces / The Jewish Wife


(写真は『残跡』台北公演より・撮影:Chien You Wei)

会場:こまばアゴラ劇場

原作:ベルトルト・ブレヒト
振付・演出:山縣美礼
出演:Lee Jee Hyun、Graig Russell、早川知子、山縣美礼

照明:篠木一吉
音響:斎藤裕喜
舞台監督:川田康二

開演時間:
10/24日(木)A.15:00〜 / B.19:30〜
10/25日(金)B.14:00〜 / A.19:30〜
10/26日(土)A.15:00〜 / B.19:30〜
10/27日(日)B.13:00〜 / A.17:00〜
10/28日(月)A.13:00〜 / B.17:00〜
A:山縣美礼 Mirei Yamagata
B:劇団印象 Theatre Company INZOU
※この公演は、劇団印象『値札のない戦争』との会場シェアによる上演となります。

上演時間(予定):70分

料金:
前売 2,700円 当日 3,000円
『値札のない戦争』 セットチケット:4,000円

プロフィール:
ミネアポリスでの演劇・舞踊活動を経て、帰国後大駱駝艦と岩下徹から舞踏と即興ダンスを学ぶ。大野一雄フェスティバル、ワルシャワ、台北、ソウルでソロダンス作品を上演。2010・2011年、東京と台北でアジア舞台芸術祭に出演。劉亮延(李清照私人劇團)・ノゾエ征爾(はえぎわ)と共に、川端康成の小説を舞台化した『台湾・日本国際共同企画川端康成三部作』を製作中。NHK番組や映像のナレーターとしても活動中。

作品紹介:
第二次世界大戦は一般市民の平穏な心を侵食していき、人々は日常の姿をした非日常の世界と必死で向き合った。『残跡』は山縣が韓国のNottle劇団との滞在製作時に、元日本軍「慰安婦」生存者を訪問し、生まれたソロ作品。今回は韓国・台湾での上演を経て再演。ナチスドイツから逃亡の準備をするユダヤ人女性の葛藤を描いたブレヒトの短編戯曲『ユダヤ人種の妻』も、韓国から女優を迎えて同時上演。

お問い合わせ・ご予約:
http://www.mireiyamagata.com/
tokiirotamago@gmail.com


[english]--------------------

Mirei Yamagata
"Shreds and Traces / The Jewish Wife"

Direction, Choreography : Mirei Yamagata
Performers : Lee Jee Hyun, Graig Russell, Tomoko Hayakawa, Mirei Yamagata

Venue : Komaba Agora Theater

Prices : advance ¥2,700 (day +¥300)
special ticket with "The War without a Price Tag" (by Theatre Company INZOU) ¥4,000

Duration : about 70 min

Introduction :
Past experiences from daily life remain in our bodies, and become part of us over time. During World War Two, lives of civilians turned into absurd realities, yet people experienced these realities every day. In Korea, women were forced into sexual slavery. In Germany, being Jewish became extremely dangerous. “Shreds and Traces” was created in Korea in 2010, based on Mirei’s visits to the surviving ‘comfort women’ during her residency with Nottle Theater Company, and was later restaged in Taipei. It will be performed with Brecht’s “The Jewish Wife”, welcoming a cast from Korea, Japan, and England.


MIREI YAMAGATA is a ballet and Butoh trained dancer, voice actor, and actress. After receiving her B.A. from Macalester College and building her acting career in Minneapolis, she studied Butoh and improvisation extensively with Dairakudakan and Tohru Iwashita. She has performed her dance pieces in Warsaw, Taipei, Tokyo, and Seoul, as well as at the Asian Performing Arts Festival and the Kazuo Ohno Festival. She is the producer of the “Taipei/Tokyo International Collaboration Project - The Yasunari Kawabata Trilogy” together with Liang-Yen Liu of the Theater of Lee Qing Zhao the Private (Taipei).

Photo : Chien You Wei

Tag : 

| 上演プログラム | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

劇団印象『値札のない戦争』The War without a Price Tag


(写真は過去公演『霞葬』より・撮影:青木司)

会場:こまばアゴラ劇場

作・演出:鈴木アツト
共同演出:オ・チウン

出演:ベク・ソヌ、ヤン・ヒョユン、泉正太郎、根本大介 他

照明:篠木一吉
音響:斎藤裕喜
舞台監督:川田康二

開演時間:
10/24日(木)A.15:00〜 / B.19:30〜
10/25日(金)B.14:00〜 / A.19:30〜
10/26日(土)A.15:00〜 / B.19:30〜
10/27日(日)B.13:00〜 / A.17:00〜
10/28日(月)A.13:00〜 / B.17:00〜
A:山縣美礼 Mirei Yamagata
B:劇団印象 Theatre Company INZOU
※この公演は、山縣美礼『残跡 / ユダヤ人種の妻』との会場シェアによる上演となります。

料金:
前売 3,000円 当日 3,500円
『残跡 / ユダヤ人種の妻』セットチケット 4,000円

上演時間(予定):90分

プロフィール:
“印象”と書いて“いんぞう”と読む。2003年、旗揚げ。2012年夏、「匂衣」が、演戯団コリペの李潤澤氏の目に留まり、密陽夏公演芸術祝祭、居昌国際演劇祭に招聘される。9月には、「青鬼」がD.Festa(大学路小劇場祝祭)に招聘され、ソウルで上演。また、「グローバル・ベイビー・ファクトリー」で、第18回劇作家協会新人戯曲賞最終候補にノミネート。若手演出家コンクール2012にて、優秀賞と観客賞を受賞。

作品紹介:
戦争が無くなった世界。失業して食うに困った戦争写真家は、仕事を分けてもらいに、売れっ子ヌードカメラマンのところを訪ねる。二人は、冗談半分で、「戦争写真」を捏造することを思いつくが、その「戦争写真」に、ネタに困っていた新聞社が飛びつき、高額で売れてしまう。味を占めた二人は、やらせの「戦争写真」創作という遊びに没頭していく。やがて、その嘘の戦争を本物の戦争に変えて、一儲けを企むお金持ちたちが現れ、事態はあらぬ方向に進んでいく。

お問い合わせ・ご予約:
http://www.inzou.com/
info@inzou.com
090-1613-6026


[english]--------------------

Theatre Company INZOU
"The War without a Price Tag"

Write, Director : Atsuto Suzuki
Co-Director : Oh Chi-woon

Lighting : Kazuyoshi Shinoki
Sound : Yuki Saito
Stage Manager : Kouji Kawata
Cast : Shotaro Izumi, Daisuke Nemoto, Baek Sunwoo, Yang Hyo-yun

Venue : Komaba Agora Theater

Prices : advance ¥3,000 (day +¥500)
special ticket with "Shreds and Traces / The Jewish Wife" (by Mirei Yamagata) ¥4,000

Duration : about 90 min

Introduction :
In a world where all wars have ended, a jobless war photographer visits a popular nude photographer to ask for a share of his job. The two, half joking, come up with the idea of forging a ‘war photograph’, which turns out to be highly priced by a newspaper company craving for new news. The two, having tasted success, become absorbed in this game of creating ‘war photographs’. Then, wealthy capitalists appear, conspiring to make a fortune through making this fake war real, and things start getting out of hand.

About company :
The name INZOU is written with two Chinese characters that separately stand for India and Elephant, which combined usually means "impression” (and is read INSHOW). Since 2003. under the belief that "Fun games are shared across borders", INZOU aims to use imaginative methods developed through simple "playing" to create performances that can be enjoyed across languages and cultural barriers. In Summer 2012, "NIO-I" gained the attention of LEE Youn-taek of Street Theater Troupe, and was invited to the Miryang Summer Performing Arts Festival and the Keochang International Festival of Theatre. In September 2012, "Blue Demon" was invited to the D.Festa, and performed in Seoul.

Photo : Tsukasa Aoki

Tag : 

| 上演プログラム | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。