PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag : 

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鳥の劇場『白雪姫』インタビュー 2

[前回の続きです]

次に『白雪姫』で白雪姫役を演じる呉暁丹氏と、王子役を演じるホン・ウジン氏にお話を聞きました。

BeSeTo+:日本に来て1週間ほど経ちましたが、自分の国との違い、共通点など感じたことは?

ウジン氏:違うところは、日本の人はみんなすごく優しいです。とてもよくしてくれます。韓国の人は、たとえ質問などしても「忙しいから」と答えてくれないですよ。共通点はまだ分かりません…。



呉暁丹氏:違うところは、鳥取はとても静かで時間が止まっているみたいです。私、よく日本のアニメを見るんですが、そのアニメの中で生活しているみたいです。この環境がとても好きです。ここに来て、鳥の劇場の劇に対する情熱を感じます。共通点は、日本人と中国人は顔が同じ!それ以外はほとんど中国とは違います。



BeSeTo+:現在日中韓3カ国共同製作ということで、稽古の真っ最中だと思いますが、実際舞台上で3カ国語が入り混じる状況を体験して、新たな発見などあれば教えてください。


ウジン氏:最初は慣れてなくて迷うところもありましたが、練習をしていくにつれて日本、中国、韓国という差をあまり感じなくなりました。稽古も自然にやりとりができるようになりました。演技するときは言葉の差は関係ないと思います。


呉暁丹氏:1番印象に残っているのは、スタチュー(スズキメソッドの訓練方法)という鳥の劇場の訓練方法です。初めて体験しました。この訓練は舞台に立つ役者にとって、とても良い方法だと思います。舞台上で自分の体をコントロールすることの難しさと大事さを実感しました稽古をしている中で、3カ国の文化の違いを感じています。文化が違うから、演技の動きも違ってくる。それは物語に対するそれぞれの認識や考え方を持っているからだと思います。今回は韓国、日本の文化を知る良い機会になりました。



BeSeTo+:今回の作品「白雪姫」は世界中で読まれているグリム童話が題材ですが、「白雪姫」に出演すると聞いた時の印象と、今実際に稽古してみての印象の違いなどありましたら、教えてください。



ウジン氏:最初、白雪姫に出演が決まったときは、子ども向けということで、自分も子どもの心を持って芝居をすると思っていました。活発に動き回る役だと。いざ稽古が始まると思っていたものと全く違っていました。少し観ただけで、あまり子ども向けという感じがしませんでした。そうと知っていたら、準備することも違っただろうに、心の準備が…。



呉暁丹氏:白雪姫に出演するということを半年前に聞きました。その時は本当に嬉しかったです。私は、6歳のときに白雪姫をやったことがあって、大人になってまた演じることができるなんて夢みたいです。とても光栄です。白雪姫は女の子にとっては憧れの存在ですから。しかし実際は、想像していたものとまったく違いました。ディズニーの白雪姫なんかとはまったく違います。実際に演じてみると、すごく大変です。他の役者の方も一人一人苦労しているのがわかります。



BeSeTo+:ずばり俳優から観た中島演出の魅力は?



ウジン氏:演劇の学校に通ったときの、本当に厳しかった先生と中島さんはよく似ています。鳥の劇場の練習の仕方、訓練方法、芝居のスタイルは、今まで韓国で自分がやってきたこととは違います。でも、だからこそ自分のためになると思うので、日々の稽古を嬉しく取り組むことができます。新たな感覚や発見があって嬉しいです。いいところは盗んで、韓国に帰っても実践しようと思います。でも、中島さんを一言でいうと、やっぱり恐いです。おかげでホテルへ帰っても芝居のことを考えてしまって休むことができません。役者をそうさせてしまうのが中島さんの魅力ではないでしょうか。中島さんは恐いけど、暖かい気持ちを持っている素晴らしい人だと思います。



呉暁丹氏:中島さんは、よくこう言われます。「もっと全身で芝居をしろ!もっと集中して!」中島さん自身も集中して全身で演出をしておられる人だと思います。だからとても厳しいです。最初から私に、生きたまま演じることを求められました。役者に対する要求がすごく高く、こだわりもすごいです。でも、自分のお子さんの前では、普通の優しいお父さんです。そのギャップが魅力的だと思います。



BeSeTo+:舞台を観に来てくれる日本の観客に見どころなど一言。



ウジン氏:白雪姫の物語はみんなよく知っている話です。どうやればおもしろく見せることができるかを、3カ国の俳優が気持ちを合わせて努力しています。日本・中国・韓国、3つの国のハーモニーを観てください!



呉暁丹氏:中国の白雪姫、韓国の王子、日本の女王、3カ国が入り交じる作品!これが見どころです。私たちは言葉が違うので相手が何を言ってるかわかりませんが、観客のみなさんはわかりますか?



呉暁丹氏ホン・ウジン氏
(左:呉暁丹氏 右:ホン・ウジン氏)

鳥の劇場 http://www.birdtheatre.org/
『白雪姫』(こまばアゴラ劇場)
『白雪姫』(鳥の劇場)
第17回BeSeTo演劇祭 鳥取開催(上記鳥の劇場のWEBサイトをご覧ください)

Tag :  国際 白雪姫 鳥の劇場 |

| more "BeSeTo" | 02:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://besetoplus.blog27.fc2.com/tb.php/16-0235ef7b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。