PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag : 

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国現代戯曲連続上演 Contemporary Korean serial drama playwrights



会場:こまばアゴラ劇場

『秋雨』作:ジョン・ソジョン 演出:金世一(世amI)
『上船』作:ユン・ジヨン 演出:山田裕幸(ユニークポイント)
『真夜中のテント劇場』作:オ・セヒョク 演出:小池竹見(双数姉妹)

照明:福田恒子
音響:三木大樹
舞台監督:佐藤恵
翻訳:金世一、中塚絵美子
企画:金世一、小池竹見、山田裕幸

開演時間:
11/6日(水)19:00〜
11/7日(木)19:00〜
11/8日(金)15:00〜 / 19:00〜
11/9日(土)15:00〜 / 19:00〜
11/10日(日)11:00〜 / 16:00〜
※この公演は3作品連続上演となります。

料金:
3,000円(前売・当日とも)
学生・養成所生:1,500円(枚数限定・要学生証等提示)
*未就学児童入場不可

上演時間(予定):120分(3作連続上演)

プロフィール:
韓国現代戯曲連続上演は、韓国の旬な若手劇作家の作品を、日本の観客の皆様に紹介するのが一番の目的です。1本の作品だけでなく短編〜中編の3作品を連続してご覧いただくことで、より一層、韓国の劇作家が描こうとしている世界感を体験していただけると思います。上演する3作品中の2作品は、今回初めて日本で上演される作品です。
演出にあたるのは、日本での活動が10年目の俳優・演出家、世amI主宰の金世一(キムセイル)、双数姉妹の小池竹見、ユニークポイントの山田裕幸です。そのスタイルも特徴も異なる3名の演出家がバラエティー豊かに作品を彩ります。

作品紹介:
『秋雨』
2012年、密陽夏公演芸術祝祭作品賞受賞作品。韓国のホテルで起こった殺人事件。その事件を描きながら、離散した家族がそれぞれの現在と出会っていく、韓国の家族の闇を描いた意欲作。

『真夜中のテント劇場』
格差や労働環境をめぐりテントを張って抗議するテントデモ活動は今も韓国各地で続いている。テントで初めての夜をすごす働く女性ナウンとチョウンは、外からの『声』の恐怖に打ち勝つべく、他愛ないおしゃべりで想像の空間を膨らませていく…

『上船』
港の近くの屋台を切り盛りする女性のもとに、自転車に乗った男がやって来る。28年間忘れていた約束を思い出したと言って。二人の記憶は交錯し、運命にも似た時間が流れていく中、やがて船がやって来て…

お問い合わせ・ご予約:
http://www.uniquepoint.org/koreagendai/
042-577-2366
office@uniquepoint.org

[english]--------------------

Contemporary Korean serial drama playwrights
“Fall Rain”, "The Midnight Tent Theatre", "On Board"

Venue : Komaba Agora Theater

Prices : ¥3,000
students and theatre trainee ¥1,500 (show student ID)

Duration : about 120 min (3 pieces total)

Introduction :
"Fall Rain" By Sojung Jung
Directed By Seil Kim
Winner of the 2012 Miryang Summer Performing Arts Festival prize
Presenting the dark side of the Korean Family, this is a relevant play that fleshes out a Korean Hotel murder case and the reality that each and every member of a ruptured family must face.

"The Midnight Tent Theatre" By Sehyuk Oh
Directed By Takemi Koike
The Tent is a social protest movement fighting for a difference in working conditions that continues in Korea even nowadays. This is the first night at the tent for NAUN and CHOUN, women who are part of the work force. They must face and conquer fear as voices from outside and idle chitchat inflame the atmosphere, and their thoughts.

"On Board" By Jiyoung Yoou
Directed By Hiroyuki Yamada
Near the harbor, a woman stands on a platform.
A man on a bicycle approaches. A 28 year-old forgotten promise is remembered. As past memories of both get blurred and as time flows like fate, the ship arrives...

About this project :
It is our first and foremost objective to present to Japanese audiences the works of young contemporary Korean serial drama playwrights.
To experience to a greater degree the world vision created by these playwrights, on this occasion you can enjoy not one, but three plays as a consecutive trilogy.
In addition, this marks the Japanese premiere for two out of the three plays.
The plays were directed by Actor/Director Seil Kim from Seami, who has been part of the Japanese theatre scene for 10 years, Takemi Koike from Sosushimai, and Hiroyuki Yamada from the Theatre company Uniquepoint.
Each of their differing styles and unique directions bring variety to this joint production.

Tag : 

| 上演プログラム | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://besetoplus.blog27.fc2.com/tb.php/33-716ce852

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。