PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag : 

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

重力/Note『偽造/夏目漱石』Forge/Souseki Natsume


(写真は過去公演より・撮影:堤 裕吏衣)

会場:アトリエ春風舎

原作:夏目漱石『三四郎』他
戯曲:市川タロ(劇作家・『デ』代表)
構成・演出:鹿島将介

出演:瀧腰教寛、立本雄一郎、邸木夕佳 他

開演時間:
11/4日(月)19:30〜
11/5日(火) 19:30〜
11/6日(水) 15:00〜
11/7日(木) 19:30〜
11/8日(金) 15:00〜 / 19:30〜
11/9日(土) 13:00〜 / 17:00〜
11/10日(日)15:00〜

上演時間(予定):75分

料金:
一般前売 2,600円
一般当日 3,000円
学生(前売・当日とも/要学生証)2,300円

プロフィール:
東京を拠点に活動。世界と人間を取り巻く様々な力の運動を記述した《場》を提供し、それらを通じて観客とともに世界と人間とのあいだにある沈黙について想起していくことを目的としている。俳優の身体や舞台美術といった物質としてそこにある素材や、声・音・光・時間などといった痕跡を残さない素材を駆使して、存在の生成と消尽の運動を記述していく。2013年はフェルナンド・ペソア、夏目漱石、寺山修司らのテクストに取り組む。

作品紹介:
重力/Noteでは、去年から創作を通じて「《神》と《人間》」「《国家》と《個人》」「《わたしたち》と《わたし》」といった題材に向き合ってきました。ここには通奏低音として《近代化》の問題があります。今回、夏目漱石のテクストを取り組むにあたり、『吾輩は猫である』における有名なフレーズ——「吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。」に対して、「吾輩は《日本人》である。名前はまだない」と置き換えて展開していくことで、近代化を経ても未だ名づけられていないものや感覚、そして《日本人》自らのアイデンティティを思考する《場》としての演劇を上演します。

お問い合わせ・ご予約:
http://www.jyuuryoku-note.com/
080-3750-1069
info@jyuuryoku-note.com


[english]--------------------

Jyuuryoku/Note
"Forge/Souseki Natsume"

Venue : atelier Shumpusha

Concept, Direction : Nobusuke Kashima
Text : Souseki Natsume
Text Arrange : Taro Ichikawa
Music : Hiroaki Goto
Costume Design : Mika Tominaga
Set Design : Fukashiro Mitsuhisa
Publicity Design : Yusuke Aoki
Dramaturge : Taku Sasaki
Production Management: Moe Honda

Prices : advance ¥2,600 (day +¥400)
students ¥2,300 (show student ID)

Duration : about 75 min

Introduction :
"Jyuuryoku/Note” has thought about the following topics in its creation since last year, "God and Man”, ‘Nation and the Individual’, ‘We and I’. All these topics are deeply connected with the problems of Japanese ‘modernization’, which is ongoing. Souseki Natsume was a Japanese novelist of the Meiji period (1867-1916). He lived during the height of Japanese modernization. His best-known novels include "I am a cat". Every Japanese knows the phrase in this work, "I am a cat. As yet I have no name. I've no idea where I was born." Considering the context of ‘modernization’ in Japan, this phrase can be replaced by “I am Japanese. I've no name…"
As a way of interpreting Souseki's texts, Jyuuryoku/Note will perform a play in order to share a space where the audience can think about the identity of ‘Japanese’ itself, and not through translated senses.

About company :
Jyuuryoku/Note, which was formed in 2010, has been creating works mainly in Tokyo. Its works portray silent images of the world and human beings to an audience in a specific space, where various movements are described. In order to describe substances appearing and vanishing, this company utilizes existing substances, such as the bodies of actors and the stage itself, or invisible materials such as voice, sound, light, time, and so on.

Photo : Yurie Tsutsumi

Tag : 

| 上演プログラム | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://besetoplus.blog27.fc2.com/tb.php/34-3b28870e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。