PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag : 

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第七劇場『三人姉妹』Three Sisters


(写真:松原豊 写真集「村の記憶」より)

会場:新国立劇場 小劇場

平成25年度(第68回)文化庁芸術祭参加公演
日仏協働作品
原作:A. チェーホフ
訳:神西清・André Markowicz・Françoise Morvan
構成・演出・美術:鳴海康平

出演:
アンナ・カロー Anna Carraud
キミコ・キタムラ Kimiko Kitamura
リリィ・シャルティエ Lyly Chartiez
リラ・ナゴヤ Lilas Nagoya
ムスタファ・ブネブ Môustafa Benaïbout
アディル・ラブディ Adil Laboudi
小菅紘史 Hiroshi Kosuge
額田麻椰 Maya Nukata 他

開演時間:
11月2日(土)19:00〜

上演時間(予定):90分

助成:ポーラ美術振興財団

料金:
前売 3,000円 当日 3,300円
学生 1,500円(前売のみ・当日要学生証)
高校生以下無料(前売のみ)
※未就学児童入場不可

プロフィール:
演出家・鳴海康平を中心に設立。テクストによって切り取られた世界を、孤独と消尽した人間性をもとに編み直し、体験される風景としての演劇性を示す作品を製作。言葉の物語のみに頼らず空間や身体とともに多層的に作用する表現が評価される。内外のフェスティバルなどに招待され、これまで国内15都市、海外3ヶ国5都市で作品を上演。代表・鳴海は2012年度ポーラ美術振興財団在外研修員として1年間フランスで活動。

作品紹介:
フランスと日本の国際協働作品(日本語・英語字幕)。
私たちはすでに愚直な獣の群れだともいえます。行くあてがないこの群れは、お互いをこがねの鎖で縛り、一つのいびつな鉄の塊にも見えます。獣が従う本能的な感情は現在に純粋であるがゆえに、さらに強く自身を縛ります。ただ、私たちがもし希望を求めるとすれば、その醜悪さを示す感情の中に新たな種を蒔き育てることのみでしょう。たとえ私たちがその結実を目にすることができなくとも。

お問い合わせ・ご予約:
http://dainanagekijo.org/
info@dainanagekijo.org


[english]-------------

20th BeSeTo Festival / BeSeTo+
68th National Festival

Dainanagekijo
" Three Sisters ” (creation / premiere)

Original text : A. Chekhov
Translation : Kiyoshi JINZAI, André Markowicz and Françoise Morvan
Conception, Direction, Scenography : Kouhei NARUMI

Venue : New National Theatre Tokyo - the PIT

Duration : about 90 min

Prices : advance ¥3,000 (day + ¥300)
students ¥1,500 / high school students and under ¥0 (show student ID, for advance only)

Interpreter :
Moustafa Benaibout, Anna Carraud, Lyly Chartiez, Kimiko Kitamura, Lilas Nagoya, Adil Laboudi, Hiroshi Kosuge, Maya Nukata etc.

Lighting : Yuho Shimada (Lighting Staff Ten-Holes)
Sound : Masashi Wada

Supported by POLA ART FOUNDATION
Production : Dainanagekijo
Co-production : the committee of 20th BeSeTo Festival

International creation between France and Japan in French and Japanese, with Japanese and English subtitles.

Introduction :
We are already almost the same as a too honest herd. A herd, which doesn’t have a destination, seems like a distorted mass of iron, binding itself with golden chains. Its instinctive sentiment is faithful to the present; therefore it binds itself very hard. But, if we seek a certain hope for the future, we will just have to plant new seeds in this hideous sentiment. Even if we cannot see its fruition.

About company :
Dainanagekijo, founded by director Kouhei NARUMI in Tokyo, creates works showing dramatic effects as the experienced sight, re-structuring views of the world described in the text with solitude and exhausted humanity. Performance has received high appraisal in Japan and abroad for the representation which is composed of multilayer effects with not to depend on only language. Works have been performed at 20 cities in Japan and abroad. Kouhei NARUMI was supported by Pola Art Foundation for his activity at Paris, France in 2012.

Photo : Yutaka Matsubara

Tag : 

| 上演プログラム | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://besetoplus.blog27.fc2.com/tb.php/35-39114167

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。