PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag : 

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

shelf 『 nora(s) 』


(写真は過去公演より・撮影:原田真理)

会場:アトリエ春風舎

原作:ヘンリク・イプセン 他
構成・演出:矢野靖人

出演:川渕優子、春日茉衣、ミウラケン、日ヶ久保香、上原用子 他

衣装:竹内陽子
企画・制作:shelf
提携:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
協力:アトリエ春風舎
共催:第20回BeSeTo演劇祭実行委員会
主催:shelf

開演時間:
10/25日(金)19:30〜
10/26日(土)13:00〜 / 17:00〜
10/27日(日)13:00〜 / 17:00〜
10/28日(月)19:30〜
10/29日(火)19:30〜
10/30日(水)17:00〜
10/31日(木)17:00〜

料金:
一般前売 2,800円
一般当日 3,300円
学生(前売・当日とも/要学生証)2,000円

上演時間(予定):60分

プロフィール:
"shelf"は、book shelf(本棚)の意。沢山のテキストが堆積・混在する書架をモチーフに活動を展開。俳優の「語り」に力点をおきつつ古典、近代戯曲等を主な題材として舞台作品を制作。同時代に対する鋭敏な認識、空間・時間に対する美的感覚と、俳優の静かな佇まいの中からエネルギーを発散させる演技方法とを結合させ、舞台上に鮮やかなビジョンを造形し、見応えのあるドラマを創造する手腕には定評がある。

作品紹介:
妻でなく、娘でなく母親でもなく女でもない一人の人間として扱われることを求め、しかしそれが裏切られることによって、すべてを捨て家を出たノラ。今改めてこの戯曲を読み返すと、ここには近代以降の人間の自我の問題、「私」とは何者か? という答えようのない問いが含まれている。本公演は、日韓の演劇人を中心に国際共同制作を実施。近代的「自我」の問題に取り組むとともに、東アジアからみたヨーロッパ文化の受容史を検証したい。

お問い合わせ・ご予約:
http://theatre-shelf.org/
090-6139-9578
info@theatre-shelf.org


[english]--------------------

Theatre Company shelf
"nora(s)"

Venue : atelier Shumpusha

Works : Henrik Ipsen and ...
Directer : Yasuhito YANO
Actors and Actress : Yuko KAWABUCHI, Mai KASUGA, Ken MIURA, Kaoru HIGAKUBO, Yoko UEHARA and ...

Prices : advance ¥2,800 (day +¥500)
students ¥2,000 (show student ID)

Duration : about 60 min

Introduction :
“Asked to be treated not as a wife, or a woman or a mother or a daughter but simply as a person, but having been betrayed, Nora left home and gave up everything.” Now, re-read this text, the work presents the simple yet unanswerable question of the modern ‘ego’, that is the question of “who am I?” This performance is an international collaboration with theater artists from Japan and Korea. As well as tackling the problem of the modern "ego", we want to verify our receptions of European culture, as seen not only from Japan, but also from East Asia.

About company :
“shelf” stands for ‘book shelf’. We chose to represent the theme ‘book shelf’, which accumulates and mixes many texts of all times and countries. “shelf” emphasizes speech, in other words, the nature of voice, accent and intonation of text reading by the actors, and creates a theatre mixing classical and modern drama. The style of “shelf” is well known as contemporary performance based on a combination of a keen awareness of the contemporary and aesthetic sense of space and time with a performance style of energy created through actors’ silence on stage. This results in spectacular stage visions and impressive drama.

Photo : Mari Harada

Tag : 

| 上演プログラム | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://besetoplus.blog27.fc2.com/tb.php/39-9d10b669

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。